検査風景

レーシック不適応について

レーシック治療は希望すれば誰でも受けられるという訳ではありません。手術前に必ず適応検査(詳細はこちら)を受ける必要があります。検査の結果によっては不適応となり手術ができないこともあります。

レーシックが不適応となるのはおよそ5人に1人の割合といいます。以下に該当する場合手術が受けられません。

  1. 角膜が薄く厚さが足りない
  2. 未成年(クリニックによって対象年齢に差異があります)
  3. 妊娠中である
  4. 出産後授乳中である
  5. 眼に病気がある
  6. 極度の近視、乱視の方

ただし角膜の厚さは施術により異なるため、施術法によっては治療が可能となる場合もあります。これらは適応検査を受けてはじめてわかります。

※レーシックとは18歳未満の方、妊娠・授乳中の方、内的疾患をお持ちの方など状況により受けられないこともございます。また、適応検査により不適応となることもございます。詳しくはレーシック治療の専門医にご相談ください。

※写真協力:神戸神奈川アイクリニック 撮影:山崎 智明(Y studio)/渡辺 崇(Peace Frog)

※当サイトの情報は「レーシック体験談+(http://www.lasik-plus.biz/)」から再編集したものとなります。なお、写真は取材当時(2009年10月〜12月)のものとなります。

新宿近視クリニック
人気の新宿近視クリニック。加藤夏希さんも治療をした医院です。2012年度オリコン顧客満足度ランキング総合1位に選ばれたのは伊達じゃありません。
新宿近視クリニックのポイントは低料金。レーシック業界の中ではリーズナブルな費用は有り難いところです。
また無料説明会を随時開催しているのもポイントです。治療を受ける前にどうしても話を聞いてみないと安心できません。各クリニックで開催している説明会に参加してから決断しても遅くはありません。
検査予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
新宿近視クリニック