手術風景

レーシック治療とは

レーシック手術とは角膜の表面をマイクロケラトーム(医療用カンナのような器具)またはレーザーで削りフラップと呼ばれるフタを作成します。そのフラップをめくりレーザーを照射して光の屈折を矯正、視力を回復させるというものです。手術時間は10分ほどで、当日中に帰宅ができます。

レーシックは高い安全性とその効果から治療を受ける人が増えており、全世界で毎年数百万人もの方が視力回復を行っています。

手術の流れ
  1. 流れ1
    手術の前に点眼薬で麻酔します。
  2. 流れ2
    角膜の表面を削りフラップを作成。
  3. 流れ3
    フラップをめくります。
  4. 流れ4
    レーザー照射し角膜の屈折を矯正。
  5. 流れ5
    元の位置にフラップを戻します。
  6. 流れ6
    フラップを自然に癒着させます。

※レーシックとは18歳未満の方、妊娠・授乳中の方、内的疾患をお持ちの方など状況により受けられないこともございます。また、適応検査により不適応となることもございます。詳しくはレーシック治療の専門医にご相談ください。

※写真協力:神戸神奈川アイクリニック 撮影:山崎 智明(Y studio)/渡辺 崇(Peace Frog)

※当サイトの情報は「レーシック体験談+(http://www.lasik-plus.biz/)」から再編集したものとなります。なお、写真は取材当時(2009年10月〜12月)のものとなります。

新宿近視クリニック
人気の新宿近視クリニック。加藤夏希さんも治療をした医院です。2012年度オリコン顧客満足度ランキング総合1位に選ばれたのは伊達じゃありません。
新宿近視クリニックのポイントは低料金。レーシック業界の中ではリーズナブルな費用は有り難いところです。
また無料説明会を随時開催しているのもポイントです。治療を受ける前にどうしても話を聞いてみないと安心できません。各クリニックで開催している説明会に参加してから決断しても遅くはありません。
検査予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
新宿近視クリニック