高橋さん(仮名)と今林久弥

【No.1】高橋さん(仮名)にレーシックの体験談を聞いてみる

高橋さん(仮名)
お名前:高橋さん(仮名)
職業:ファイナンシャルプランナー
手術の様子:「メガネをかけないでいい生活がうれしい」
レーシック体験談+に高橋さん(仮名)のレーシック体験談が掲載されています。ぜひご覧ください。

手術後2年以上経過してからの状況です

今回取材に協力してくれたのは2009年末にレーシック治療を受けた高橋さん(仮名)です。高橋さんは当時極度の近視であり生活にかなり不便があったそうです。手術後は視力も順調に安定し、現在でも1.0を超えているとのこと。高橋さんには現在の心境を語ってもらいました。

今林久弥 質問をする今林久弥。
「レーシックを受けて何年くらいですか?」
「2年以上前です。」
「それまでは目が悪かったのですよね? コンタクトを付けていたのですか?」
「ものすごい悪かったので、コンタクトとメガネを併用していました。」
「いつから目が悪かったのですか?」
「小学校2、3年からメガネをかけていました。コンタクトレンズは中学校からです。」
「視力はいくつくらいだったのですか?」
「小学校のときは0.3くらいです。それからどんどんどんどん悪くなって、社会人になってからは0.1以下でした。」
「8歳の頃から30年近くをメガネ人生だった訳ですね。」
「そうなんですよ。」
「僕がメガネをかけだしたのは受験勉強のときです。」
「結構遅いのですね。」
「はい。まあ20年くらいです。今ではメガネがない人生は考えられないです。」
「メガネって鼻に跡がついたり、ラーメンを食べる時に曇ったり、お風呂に入るときに大変じゃないですか?」
「お風呂のときはメガネを外したいんですけど、子どもと温泉に行くとはしゃいでいるのを見たいんですよ。だからメガネをかけて入るのですけど、リラックスできないんですよね。」
「コンタクトはしないのですか?」
「コンタクトは芝居でメガネがかけられないときくらいですね。」
高橋さん(仮名) レーシックに関する質問に答える高橋さん。
「何でレーシックをやろうと思ったのですか?」
「仕事柄レーシックをされた方と会うことが多いんですよ。いろんなお客さんからレーシックをいいと言われてました。だからずっと興味がありました。」
「へえ〜。」
「で、あるときに友人から勧められたので無料の検査を受けてみました。」
「検査は無料なんですか?」
「はい。自分が受けたところは無料でした。とりあえず検査だけ受けてみました。」
「検査はどのくらい時間がかかったのですか?」
「自分は2時間くらいでした。検査を受けてもできない人もいるそうですが、まあ自分は手術ができました。」
今林久弥 話の内容に興味津々の今林久弥。
「いざレーシックができますよと言われてまずは何をするのですか?」
「当日は手術時間自体は10分くらいでした。麻酔をして目が閉じないように固定されてます。赤い光のようなものが見えておしまいです。」
「目を固定って時計仕掛けのオレンジのようですね。」
「目を閉じてしまうとダメなので、強制的に開けたままにします。」
「目が乾かないのですか?」
「目が乾かないように洗浄されます。」
「へえ、中々ない体験ですね。手術は目を削るんでしたっけ?」
「目の表面の角膜を薄く削ります。そこにレーザーを照射しました。(レーシックに関する詳しい解説はレーシック体験談+「レーシック治療とは」をご覧ください)」
「10分で終わって、終わったらすぐ見えるのですか?」
「終わった後は別室で休憩しました。自分はその日はぼんやりしたまま帰りました。それから数日して見えるようになりました。」
高橋さん(仮名) 最近の生活の様子を語る高橋さん。
「へえ〜、そうなんですね。何か生活に変化はありましたか?」
「しばらくは目が乾いてしょうがなかったですね。目薬をまめに差してました。」
「どのくらいで安定してきたのですか?」
「そうですね。やっぱり数日間はかかった気がします。ちょうど次の日から年末休みを取ったのですが、正直仕事は控えた方がいいですね。」
「どのくらい空けた方がいいですかね?」
「人によると思うのですが、自分は一週間くらい空けられたら安心ですね。」
「う〜ん、それは厳しいですね。」
「まあできれば、ですね。」
今林久弥 メガネを外して話をする今林久弥。
「それから視力が安定していった訳ですよね。」
「そうですね。自分の場合は徐々に見えるようになったのですが、今では見えなかったときの状況が思い出せないです。」
「あ、そうなんですか。」
「新聞も以前は5cmくらい近づけないと見えませんでした。」
「自分はメガネを外すと眠くなるんですよね。お風呂か寝る時しか外さないので、条件反射的に眠くなるんですよ。あとメガネを外してその辺においておくと子どもに踏まれてしまうんですよ。」
「あ、それわかります。」
「今どうですか? 目が疲れやすくなったりしますか?」
「それはないですね。目が乾きやすくなったくらいですかね。メガネやコンタクトレンズ代もかからなくなったので経済的にも大きいです。」
「やってよかったですか?」
「はい。もう見えることが自然になったので目が悪かったときのことが想像できません。見えやすくなって化粧がしやすくなりましたね。」

撮影日:2012年7月19日/テキスト:Webの間

高橋さんとの対談を受けて

※レーシック術後の視力の回復は個人差がございます。またレーシック手術は誰でも受けられる訳ではなく、適応検査の結果手術が受けられないという可能性もございます。

新宿近視クリニック
人気の新宿近視クリニック。加藤夏希さんも治療をした医院です。2012年度オリコン顧客満足度ランキング総合1位に選ばれたのは伊達じゃありません。
新宿近視クリニックのポイントは低料金。レーシック業界の中ではリーズナブルな費用は有り難いところです。
また無料説明会を随時開催しているのもポイントです。治療を受ける前にどうしても話を聞いてみないと安心できません。各クリニックで開催している説明会に参加してから決断しても遅くはありません。
検査予約はこちら
費用 施術名 価格 保障期間 日帰り
SBKレーシック 9.4万円(税込) なし +0円
イントラレーシック 19.8万〜27.8万円(税込) 1〜2年
詳細情報 症例数 無料説明会 適応検査 アベリーノ検査
10万以上 あり 無料 無料
アフターケア 保証内容 割引/特典 地域
無料 定期検診、再手術、合併症治療 学割1万円、託児補助最大1万円、家族割・グループ割など 東京(新宿)
新宿近視クリニック